●4月12日付/西日本新聞

男と女、家族を考える
『誕生死』流産・死産・新生児死で子をなくした親の会 著


 子どもを亡くした親の悲しみは計り知れない。ところが、流産や死産だった場合、 周囲の反応に温度差が生じる。「生まれる前でよかった」「早く忘れて」。親にとっては 子どもを亡くしたことに変わりないのに。

 本書は、死産や流産を経験した十一の家族の手記をまとめたもの。悲しみを理解してもらえない 親たちは孤独感を募らせ、二重の悲しみに苦しんでいる。そこから見えてくるのは、命を 軽視する社会の風潮だという。欧米に比べて避妊に対する意識は低い。若い世代を中心に人工 中絶が後を絶たない。そして児童虐待も・・・。

本書の漢字には、読み仮名がふられている。「子どもたちにも読んでほしい。無事に生まれた 自分の命の大切さに思いをはせてくれたら」。著者たちのそんな願いがこめられている。     (三省堂、一三00円)