●毎日新聞(大阪本社発行分−近畿、北陸、四国、山口県を除く中国地方
 平成15年2月19日(水)〜21日(金)
 連載『いのちみつめて』の中で「誕生死」が紹介されました。
 
 
[思い伝えたい 1]平成15年2月19日(水)

<同情してほしいわけではない。心の痛みを刻み込んで生きていこうと思う>

 「どうやって悲しみを乗り越えたのですか」。名古屋市瑞穂区の松村幸代さんは最近、よくこんな質問を受ける。93年に妊娠34週で、99年に妊娠27週で、いずれも女の子を亡くした。2度の死産経験を文章にまとめ、知り合いの死産経験者とともに「誕生死」(三省堂)という本を出版した。
 死産の後、それぞれ翌年に長男、長女を授かっている。「悲しみをごまかしながら、無我夢中だった」と振り返る。  経験者の女性たちとは、インターネットを通じて知り合った。「どんな命も同じように大切なもの。そのことがあたり前に理解される社会になってほしい」との思いが、本の出版につながった。
 死産は英語で「stillborn」。「静かな誕生」であるとともに、「それでも生まれてきた」の意味が込められている、とも言われる。「流産」「死産」という言葉に代わり、英語のように「生」という側面を伝える言葉がほしい。「誕生死」というタイトルにそんな思いを込めた。
 出版からまもなく1年。2万部が売れ、「誕生死」という言葉を使う人も増えてきた。 
 「決して同情してほしいわけではなく、悲しんでいる人がいることを知ってほしいだけ」と話す松村さんは「悲しみを乗り越えるというより、命の大切さを忘れないためにも、心の痛みを刻み込んで生きていこうと思う」と静かに語る。

------------------------------------------------------

[思い伝えたい 2]平成15年2月20日(木)

<医療関係者に知ってもらえただけでも大きなステップと思う>

 「臨床の場では、日常的な状態で(感覚が)マヒしているスタッフが多い。少しずつでも変わっていけるようにしたい」「(子どもを亡くした母親を)ケアできる時間的、人的余裕がほしい」
 昨年10月、東京で開かれたシンポジウム「誕生死を知るための集い」。アンケートに、参加した医療関係者からさまざまな回答が寄せられた。
 名古屋市瑞穂区の松村幸代さんは「誕生死」(三省堂)の著者の一人として招かれた。集いは、本を読んだ葛飾赤十字産院(東京都葛飾区)の竹内正人医師が呼びかけ、医療関係者や死産の経験者ら約200人が参加した。
 亡くなった子を抱けなかったり、医師の言葉に傷付けられたなど、病院の対応に不満がある経験者が多いということは、松村さんが本で訴えたかったことでもあった。集いに参加して、患者の側から声をあげていく必要性を改めて痛感した。 
 「医療関係者に問題を知ってもらえただけでも大きなステップと思う」。松村さんは振り返る。
 来月には助産師らを前に講演したり、11月にも京都の精神科医らとシンポジウムを開く。 
 「小規模でもいいから、医療関係者を対話を積み重ねたい」。本をきっかけに、活動は広がりつつある。「亡くなった子どもが一緒に成長してくれている」。松村さんはそんな気がしている。

------------------------------------------------------

[思い伝えたい 3]平成15年2月21日(金)

<生まれてきた意味や、命の大切さを
もっと親や学校がしっかりと伝えていく必要がある>

 「無事にこの世に生を受けることは、決してあたりまえのことなんかじゃない。だからこそ、『生きている』ということは、ただそれだけで尊いのだということを。あなたが命をかけてまで気づかせてくれた大切なものを、決して忘れないから」 
 大阪府立泉尾高校2年生の保健体育の授業。山口正晃教諭は「誕生死」(三省堂)で母親が、亡くなった子どもにあてて書いた一節を読んだ。
 4人の子どもの父でもある山口教諭も最初の子どもを流産で亡くした。経験をきっかけに、その後の出産には毎回立ち会った。「本にとても共感した。高校生にもなると、直接、親とは話をしにくいので、親の思いを生徒たちにつなぐ中継役をしたかった」と授業の狙いを語る。
 授業後、上野未来さんはすぐ山口教諭に本を借りて読んだ。「母さんもこんな思いをして私を産んでくれたのかな」と考えたという。 
 本の学校での活用は、松村幸代さんら著者の願いでもあった。小学生でも読めるように漢字にふりがなもつけた。
 松村さんは訴える。「友だち同士で『死ね』とよく口にしがちな子どもたちに、それぞれが生まれてきた意味や、命の大切さをもっと親や学校がしっかりと伝えていく必要がある」      【大道寺峰子】