●ペリネイタルケア9月号(メディカ出版/2002年9月1日発売)


 いま,全国で反響を読んでいる本書は,子どもを亡くした 11家族13名 の両親が,そ の経験によって感じたさまざまな 思いを実名でつづったものである.子どもを亡くした理由は, 流産や新生児死などさまざまであるが,短かったけれども, わが子が確かに存在したという気持ちを忘れたくない,そして その子の死をもっと悲 しみたい,語りたい,その存在に「ふたを したくない」という叫びが形になった.

 本書には,同じ体験をした方々が孤独から抜け出せるように, そし て,若い世代に も無事に生まれるということの大切さを 感じてもらいたいとの思いも含 まれている.

 執筆者のお一人から,本誌に以下のメッ セージをいた だいた.これは,この本を書き上げた11家族の 共通した思いであると同時に,同じ体 験をされた多くの家族の 言葉でもあるだろう.

  「私たちの,小さな赤ちゃんを亡くしたこの体験集には, 助産師さんたちに知ってい ただきたいことがたくさん詰まって います.実際に悲しい出産を経験した母親たちが,自分の 言葉でその体験を語っているのはこの本だけです.一人でも 多く の助産師さん, 看護婦さん,そして保健婦さんに読んで いただいて,今後のお仕事に役 立てていただ ければ幸いです」.


------------------------------------------------
読者から寄せられた感想より

○周りの対応など、声かけの大切さ、夫の支えが 母を幸せにも不幸にもさせるのだと思いました。(看護師)

○私自身、習慣性流産のため、わずか週数で何度も 小さなわが子を亡くしました。この本を何度も読み返して います。自分が体験して初めて知ったことを大切にして 生きていかなければと思い直しました。(公務員)

○赤ちゃんを亡くした両親の気持ちがたくさん伝わってきて、 悲しみに対して医療者ももっとよりそう気持ち、辛い気持ちを 抑制せずに理解していくことが大切だと思いました。(NICU看護師) 

○いままでの私は、「自分の赤ちゃんは生まれてくるのが あたりまえ」と思っていました。でも、この本を読んで、 「無事に生まれてきてくれてありがたい!」という気持ちで いっぱいになりました。(主婦)

○いままで、私は精一杯、ご両親の心身の痛みに対して、 いくらかでも緩和できるように努力しているつもりでした。 けれど、その中には、私の気持ちに反して傷つけてしまった 言動もあったかもしれないと思うと、とても残念です。これを 機会にこれからの看護について考えてみたいと思いました。(看護師)