『誕生死』と『誕生死・想』が 2006年1月17日ラジオ(ニッポン放送)の
「うえやなぎまさひこのサプライズ」で紹介されました。
朝10時から約10分間の"ちょっといい話"のコーナーです。




この日はどきどきしながら朝を迎えました。
ラジオでどういうふうに紹介していただけるのかな、カードを読み上げていただけるそうだけれど、 うえやなぎさんが読み上げてくださるのかな?などなど・・・

「サプライズ」は朝8時半から始まる番組ですが、 私(川合:以下Kでコメントを差し込みます)は9時くらいから聞いていて、パーソナリティのうえやなぎさんが、 いかにも「社会派」な感じの、バイタリティあふれる方だなぁと思っていたので、 あまりてきぱきと進められたら本が浮いちゃわないかなぁ・・・ なんていらぬ心配をしていたのです。
この日は、11年前の阪神淡路大震災の日でもあり、 耐震偽装マンションの証人喚問の日でもありました。 また、17年前の、幼女連続殺人事件の、 最高裁での判決の日でもありました。

そんな日であることを、うえやなぎさんは話題にしながら、 ディズニー映画「アラジン」の主題歌 "A Whole New World "とともに「ちょっといい話」が始まりました。
(以下、太字部分は番組の内容になります)

* * *

「10時になりました。あらためておはようございます。 ニッポン放送"うえやなぎまさひこのサプライズ"です。」

「…地震でも悲惨な事件でも、たくさんの命が、失われているわけです。 幸せになろうと思って、生まれてくるんですけどね、命というものはね。」

「民法という法律がありますが、民法ではお母さんの胎内から完全に赤ちゃんが この世に出たときに、『生まれた』、『命が誕生した』、というふうにいいます。 刑法では体の一部がでたときに人はひとつの命とみなされるそうです。 でもこれは、あくまでも法律の話なんですね。 なんたって命のはじまりというのは、 お母さんのおなかの中にいる、赤ちゃんからなんですよね。」

* * *

K:うえやなぎさんは、非常にゆっくりと、押さえた感じで語り始めました。 私はこの民法や刑法のくだりですでに涙が出てしまいました。

* * *

「女性は赤ちゃんをみごもったときから、ふたつの命を生きはじめるんですよね。 うーん、男にはもう信じられないことですよ、 もうひとつの命を自分の体の中に持ってるということは。 ですから、流産であったりとか、死産、新生児死、 こういったものはすべて、普通の死と、 なんにもかわらない悲しみと心の痛みを伴うものであることを、 私たち男性もまず知らなければいけないなと、ほんとに思います。

今から3年前の春になるんですが、三省堂から『誕生死』という本が出ました。 「流産・死産・新生児死で子をなくした親の会・著」と書いてあります。 おなかの中で亡くなってしまった赤ちゃん、 生まれてすぐに亡くなってしまった赤ちゃん、 その母親、父親、13人の人が実名で綴った手記を集めた本なんですね。

これまでは「あなたまだ若いんだから、そんなことで悲しんじゃいけない」とか 「あなたまだまだ続きがあるんだから、ね、そういうことは早く忘れて」と言われて、 なんだかタブーのようにされてきた、そんな誕生死のことを、一冊の本にするには、 社内の反対も多くて、結局本が出るまで3年かかったんだそうです。

そしてこの本には、読者が感想を寄せてくるカードというのが添えられておりました。 編集者の阿部正子さんは、驚いたんですね。ぞくぞくと、ぞくぞくと届くそのカード の多さと、その内容に、目をみはりました。一文字一文字を丁寧に、 ぎっしりと綴られた想い、なんと700通です。

阿部さんの胸の中である願いが膨らみました。 この読者カードを、実名で、直筆(じきひつ)のまま本にしたい。 女性たちが確かに存在した命をどんなに大切に思っているかを伝えたい。

こうして生まれた2冊目の誕生死の本が、三省堂から昨年の暮れにでました 『誕生死・想(おもい)』という本です。
京都の印刷屋さんが、特別のインクで刷り上げた、非常に美しい、 淡いピンク色の表紙なんですよね。
今朝は内容の一部を、著者のご了承を得まして、実名のままご紹介してまいります。」

* * *

K:そして、優しいピアノ曲とともに、掲載された読者カードの中から 以下の方のカードが、朗読されました。
この特別きれいな色のインクを京都から取り寄せて印刷してくれたのは、 東京芝浦の、あかね印刷工芸社(03-3451-7084)の大野社長さんだそうです。

* * *

八島麻子さん(p25)
伊藤薫さん(p37)
福島美紀さん(p40)
吉富佳代子さん(p49)
藤田晴美さん(p64)
丸山理香さん(p68)
林明江さん(p110)
中林典子さん(p176)
宮地沙織さん(p281)

* * *

K:そして、うえやなぎさんはこう続けてくれました。

* * *

「『誕生死・想(おもい)』。この本の最後のページは、自分の想いが綴れるように、 白いままになっています。・・・」

* * *

K:つづいてタケカワユキヒデの「Happiness」という歌が流れはじめました。 これがまたマッチしていて…。朗読の余韻にひたることができます。 もう、ぼろぼろ泣けてしまいました。・・・



ラジオという媒体で誕生死のことを紹介して頂いたのは初めてなんでしょうか。 どういうふうにとりあげていただくのかなぁとドキドキしていたのですが、 男性の声でも違和感なく、またすごく胸を打たれました。

もし運転している人があのラジオを聞いていたら、 運転できなくなるんじゃないかと、あとで別の心配をしてしまいました。 誕生死を経験したことある人はさらにひきつけられたことと思います。

ラジオでも紹介されたように『誕生死』が出るまでに3年、 さらに『誕生死・想』が出るまでに3年。 そしてわが家の遊月(ゆづき)が亡くなってから6年たちました。

昨年末のわが家のおおそうじの夜、10才になった姉の美風(みふう)が 「今日、掃除のとき、ゆづきちゃんが死んじゃったときの本、読んだよ」 と言いました。 私は「あ・・・ほんとう」ということしかできず、 それ以上の会話はできなかったのですが、その夜から美風が毎晩、 『誕生死』の本を枕元に置いて寝ているのをみると、 なんだか暖かい気持ちになるというか…、 胸がいっぱいで、私もそのまま本を動かせません。 こういうときがいつかは来るのかなぁとは思っていたけど、 やっぱりちゃんと、時間は流れているんですね。

今回、声(音)で私たち体験者の想いを伝えていただけて、 同じカードから別の力で感動させられました。 これらのカードは何度も目にしたものですが、 うえやなぎさんに声に出して読んでいただくと、 また違った伝わり方をするんですね。 本当に良い紹介の仕方をしていただけたと思っています。


(川合藤花 記)