◆◆◆ 全国助産師学会 「誕生死によりそう・シンポジウム」◆◆◆

(レポート作成:古閑 令子)

日時  : 2003年3月16日(日) 13:30〜16:00
場所  : 聖路加看護大学
主催  : 全国助産師教育学会

1.「誕生死をまとめて」 ・・・・・・・・古閑 令子

昨年4月の「誕生死」出版に至るまでの経緯と、誕生死の意味について、また自分の体験をありのままに本の原稿を もとに紹介した。
その際に、胎盤剥離を起こした当日に撮影した、ドップラーのビデオをパソコンに取り込んだものを流し、早織が詩織の ことをよくお話するという内容のところでは、早織の成長過程をスライド数枚を流しながらお話した。
また、昨年、聖マリアンナ医科大学病院の橋本洋子先生のお話で、私が一番心に響いた言葉を紹介させていただき、 先生は、誕生死体験者とお話することで、深い深い優しさを感じていかれるということで、私もこれからの人生、 自分の悲しい体験により、同じ体験をした方にも、またそうでない人にも、人としての深い優しさを忘れずに これから生きていきたいと思っている、ということを述べさせていただいた。
そして、現在5歳になる娘の早織が常に亡くなった妹の詩織を意識しながら生活していること、家族の絵を描く時 には詩織もちゃんと居ること、また、私自身が不妊治療を経ても、妊娠に至らなかったことで、早織に寂しい思い をさせていることなどもお話し、きょうだいの沢山居るお友達のお家に遊びに行くと、自分だけ一人っ子で孤独を 感じてしまうこと、また、その度に、「しおちゃんはどうして死んじゃったの?」という娘の問い、また、幼稚園の 行事ごとにやはり、詩織の存在を思い浮かべてしまう私自身の気持ち、同い年の双子の姉妹のお友達をどうしても まだ家に呼べない私自身のこと、夫との気持ちのすれ違いについてもお話した。
しかし、これから先も、私自身が笑顔で前を向いて歩んでいくことが大切だと感じている。
今も早織は眠る前に「ママゆりかご歌って」と話すので、私はゆりかごを歌いながらどうかこの唄がお空の詩織にも 届きますようにと祈りながら、この唄を大切にうたっていきたいということで、発表の締めくくりとさせていただいた。

<発表を終えて>

自分の体験をありのままにお話下さいとのことでしたので、全般的に本からの原稿をもとにお話させていただきました。
その際に、パソコンに取り込んだビデオとスライドを使いましたが、もう少し早い段階で準備し、パワーポイントを使えば良かったと思いました。
他の皆さんはいずれもパワーポイントを使っての発表でした。
また、ドップラーのビデオをパソコンに取り込み、当日使ったのですが、音声が上手く繋がらなかったことが悔しく思いました。
しかし、自分自身の思いや気持ちは、十分伝えられたように感じています。


〔そのほかの講師の方は以下のとおりです。(16日午後の部)〕


2「死産・流産・新生児を亡くした家族へのケア」  葛飾赤十字産院 助産師・菅原 亜由子 氏

 
<感想>
昨年のシンポジウムで竹内先生が使用された全く同じスライドを使ってのお話でした。個人的には昨年同様、あまりにも生々しく 衝撃的な映像だと感じましたが、とても柔らかなそして優しい口調でお話され、大変好感を持ちました。
真剣に誕生死と向かい合われている菅原さんの姿がよくわかる発表であったと思います。


3「リエゾンナースの関わり」  横浜市大センター病院 精神看護専門看護師 福田 紀子 氏


<感想>
今まで、私自身「リエゾンナース」という言葉すら知りませんでした。私は一方的に、自分の思いや気持ちを医療者に向けて 発してきましたが、医療者も一人の人間であり、様々な感情を抱きながらも日々仕事をされていることで、決して感情に巻き込まれ てはいけないということを再認識し、福田さんのような立場の方は本当に貴重な存在なのだと思い、 大変勉強になったと共に、とても良いお話を聞かせていただいたと感謝しています。


4.「家族への説明・情報提供の難しさ」・・・・・愛育病院新生児科 医師  加部 一彦 氏


<感想>
専門用語を沢山用いてのお話で、少々難しく感じられることもありましたが、内容は本当に私自身の体験で、心音が弱かった時に 助産師さんに伝えたが、それが実際に医師に伝えられたかは不明であり、また胎盤剥離についての説明も受けていなかったことも あり、インフォームドコンセントの重要性、または必要性は常に感じ、求めてきていたことなので、加部先生のように、医師と家 族との信頼関係を問いただす医師がいらっしゃることを、とても嬉しく心強く思いました。
もっと色々な場で、医療者に向けて、お話をして頂きたいと思いました。




5.質疑応答

*私自身に質問された内容及び、回答のみ記しますが、緊張していたため、かなりの部分で真っ白になって自分が何を質問され、 どう答えたかわからなくなってしまいましたので、覚えている箇所のみということでご容赦下さい・・。ごめんなさい。

<質問1.>個人で助産院をされている助産師さんより
     
つい最近、自分の患者さんで早剥を起こされ、総合病院へ運ばれたが、死産であった。よく知っている方だったので、 自分自身も大きなショックを受けたが、患者さんはもっとショックを受けていたと思う(3人目の妊娠であった)。  古閑さんはいつの段階でどのように悲しみを乗り越えていらっしゃいましたか?

<回答> 私自身、心音が弱かったときにもっと強く訴えていれば助かった命だったかもしれないという思いもあり、 いつの段階で・・ということより、自責の念は今までもこれから先もずっと続いていくものだと思っていますし、そ の悲しみは変わらないと思っています。


<質問2.>助産師さん
今、自分の居る病院では、誕生死体験者のケアに取り組もうとしているが、死産後、そういった精神的なケアを病院側 でするということについては、どう思われますか?

<回答>私自身、自分の思いを発する場、同じ体験をされた方を知る場というのは、インターネットでしか探せなかったので、 医療側が誕生死体験者のケアをして下さるということは、大変嬉しいことであり、私自身、強く望みます。

<質問3.>助産師さんの加部先生への質問の後、座長を務めてくださった宮田先生より
加部先生のインフォームドコンセントの重要性という発表がありましたが、古閑さん自身が医療者に望むこと等ありましたら お話下さい。

<回答> 私自身の体験で、先ほどドップラーの映像を流しましたが、心音が弱かったのは明らかであり、それを私自身が 不安に思っていたことを、その時の、助産師さんが医師に伝えたかは私自身、聞いていませんし、不明です。
私達患者は、しろうとであり、医療者から大丈夫です、と言われれば、そうだと思ってしまいます。
また私が入院していた所は、総合病院であり、切迫の方ばかりでしたので、異常なことに慣れっこにならないで欲しいこと、 また、医師、助産師さんには、患者のどんな小さなことでも見逃さず、それぞれが伝えるという基本的なことをして いただきたいと思っています。


以上




◆◆◆ 戻る ◆◆◆ TOP ◆◆◆