許可なく転載・引用はできません 

◆◆◆ 「誕生死セミナーin京都」 ◆◆◆



日時  : 2003年11月30日(日) 13:30〜16:30
場所  : ぱ・る・るプラザ京都
主催  : 誕生死ケア研究会、誕生死著者グループ


〔当日の内容〕

体験者からのメッセージとして、3名の流産、死産及び新生児死の体験者が話をしました。
『誕生死』著者からは、松村と足立が話をさせていただきました。
また、今回のセミナーでは、妊娠9週時での稽留流産と妊娠37週時での死産を経験されている 中村香里(なかむら・かおり)さんにも、ご自身の経験をもとにお話し願いました。

  


・・・・・内容紹介・・・・・

 ■中村香里

 ■足立詠子  ■松村幸代........

(発表順)


体験者からのメッセージのあと、聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院 周産期センターの橋本洋子先生、 宮崎神経科嵯峨病院の院長田中啓一先生の講演となりました。

その後、1時間ほどフリーディスカッションの時間を設けました。

* * * * *

橋本先生は、臨床心理士として、たくさんのわが子を亡くした母親やその家族に接してきていらっしゃいます。そんなご経験の中から、 橋本先生ご自身がお気づきになられたこと、お考えになっていらっしゃることをゆっくりと丁寧にお話ししていただきました。
当日、参加された皆様に配布しましたレジュメより、以下抜粋させていただきます。



(前略) 赤ちゃんが亡くなっていくときのケアは、本来いかなる形でもマニュアルにはできない。ひとりひとり異なる体験の中にある家族に できるだけ心を寄せながら、その時々の「今」を大切にするケアを重ねていくしかない。ケアについて考えるときも、私たちは 「何をしてあげたらいいのだろうか?」「どんな言葉かけをしたらいいのだろうか?」と、「〜する(doing)」ケアを 考えがちであるが、「〜する(doing)」ケアの以前に、ただ、そこに、共にいる、「〜ある、〜いる(being)」ケアが 重要なのではないかと、私は考えている。
基本は、流産であっても死産であっても新生児死亡であっても、赤ちゃんは「生まれて」「生きて」、そして「亡くなった」のであり、 親は「出会って」「ともに生きて」、そして「別れた」のだということである。しっかりと「別れる」ことができて、はじめてもう 一度しっかりとつながることができるのではないかと思う。周産期の喪失では、死別の悲しみを支えるケアだけではなく、出会いの 実感を支え、別れを支えるための丁寧なケアが必要とされる。その上で、その後の悲しみを支えていくことが重要なのである。(後略)

■□■誕生死とこころのケア/橋本洋子(2003/11/30)

※当日上映されましたスライドは こちら でご覧ください。


今回のセミナーは、参加対象を限定していませんでしたので、様々な立場の方の参加がありました。誕生死体験者(両親の立場)、 医療関係者、祖父母の立場の方など、それぞれの立場で誕生死に関わる人々へのメッセージを伝えていただきました。
古く縄文の時代から、人々は亡くなったわが子の、たとえそれが嬰児であっても、その死を悼みそして慈しんできたのだと橋本先生は おっしゃいます。
なかなか社会的に表だって問題にされることが少ないことではありますが、根底に流れる子を思う気持ちは、決して変わることなく 流れ続けてきたのでしょう。
人として、人の死に向き合う。この気持ちが一番大切なのではないかと感じられました。

* * * * *

田中啓一先生のお話しにつきましては、セミナーのスケジュール進行上の時間の調整のために、時間が短めになってしまいました 。ここであらためて予定されていたご講演の内容をご報告というかたちで紹介させていただきます。

  


 ■哀しみなしの人生はあるのか.....
田中啓一

今後も「誕生死学習会」(主催時の「誕生死ケア研究会」名称改め)として、誕生死の医学的な側面と誕生死ケアの心理的な側面の 両方についての学習会の開催を予定されています。
誕生死の問題が多角的に論評されることも必要なことかと思います。今回のセミナーがひとつのきっかけとなるといいなと、 一参加者として思います。

※「誕生死学習会」の詳細をご覧になりたい方は、嵯峨嵐山田中クリニックのHP「誕生死セミナー」の コーナーにてご確認ください。
お申込み、お問合せもこちらへお願いします。⇒
  ... 嵯峨嵐山田中クリニック

* * * * *

その後のフリーディスカッションでは、色々な立場の方の発言がありました。
誕生死体験者の方、助産師さん、看護師さん、助産師教育に携わる方、 臨床心理士を目指してらっしゃる方など、多数の方がご質問・ご意見をくださいました。
体験者の方からは、ご自身の誕生死体験についての疑問、次の妊娠時の不安な気持ち、夫の立場である男性の心のケアについてや 医療側に求めることなどがありました。
医療者側からは、医療現場の問題(マン・パワーなど)や助産師教育システムの現状についての発言があリました。

* * * * *

今回のセミナーに参加した著者の感想を少々ご紹介させていただきます。

今回、私は橋本先生のお話を聞くというのが、1つの目的でもあったんですがゆっくりした優しい口調で、言葉を選んで お話してくださっていました。
とても良いお話で、当事者である私でも、改めて気付かせていただいたこともありました。
田中先生のお話は、時間の問題で5分間ということもあって・・・
穏やかで優しく、でも、とても冷静な方だなぁという印象です。
(北村紀子)

フリーディスカッションでは、ご夫婦での参加が多かったということともあるのかもしれませんが、夫(父親)の心の問題に 関する意見などが、昨年の東京でのセミナーよりは出されたことが印象に残っています。
わたしも自分のことで精一杯で、気にはなりながらなかなか夫のことまで考える余裕がありませんでした。
最近になって少し「この人はどう感じていたのだろう」と、心を配れるようになってきたような・・・。こういうセミナーに 夫といっしょに参加したいなと思いました。
(川合藤花)

今回は、お話をさせていただくということで、少し緊張しました。あまり感情を込めて話すと涙が出てきそうだったの で、少し気持ちを込めつつ、一方で冷静に・・・というつもりで話しをさせていただきました。
橋本先生のお話。とてもよかったです。自分が和香奈を亡くした際に受けたケアが、「あー、こういうことだったのか」と 分かり、自分の置かれていた悲しみの状態がどんなものだったのかが分かりました。癒されました。
(足立詠子)

今回は、体験者の方が多いかなぁと思い、話す内容も体験者向けにしたのですが、 医療関係者向けでもよかったのかなと思いました。
医療関係者の方でも、看護師や助産師を指導する立場の方が来てくださっていて、終わってから少しお話することができたのですが、 看護学校など、教育の現場で私たちがお話できたらいいなぁと思いました。
今回のような大きな集まりではなく、本当に勉強会と言った感じの小さな集まりで、車座になって話し合いができた方が、 お互いにいろいろなことを伝え合えていいのではないかと思いました。
医療関係者と体験者が、お互いに気持ちや状況を伝え合うことで、少しでも現状をよりよいものにできれば、と思います。
(松村幸代)



また、参加者の方々にお願いして、著者よりアンケートをとらせていただきました。
ここにもたくさんの声が寄せられました。
アンケートについては こちら をご覧ください。

たくさんのご協力、ありがとうございました。

* * * * *

今回のセミナーは、田中先生が『誕生死』著者に声をかけてくださり、開催の運びとなりました。
悲しいことですが、これからも誕生死を迎えるいのちがなくなることはないでしょう。
誕生死をめぐる問題を考えるときに、まだまだ多くの誤解や偏見あるいは周囲の人々からの無理解 などがあるように感じられます。
これからも、誕生死とその置かれた状況について、語り合い考えることができる機会がもたれる ことにより、子どもを亡くすことでの傷つきの上に、さらなる深い傷をおう人々が少しでも減るように、 そして、失われたいのちから、悲しみや辛さだけでない何かを得ることができるように、 「誕生死」という言葉が持つ意味が広く深く世間に浸透していくように願います。




(川合藤花 記)



◆◆◆ 戻る ◆◆◆ TOP ◆◆◆