◆◆◆ 「誕生死を知るための集い」 ◆◆◆


日時  : 2002年10月6日(日) 13:30〜16:30
場所  : 日本赤十字社東京都支部
主催  : 葛飾日赤産院・竹内正人医師


〔当日の内容〕

体験者からのメッセージとして、3名の流産・死産体験者が話をしました。
『誕生死』著者からは、松村と川合が死産体験者として話をさせていただきました。
その後、竹内医師よりご自身が行っておられる死産後の対応の様子が紹介されました。
最後に、会場にお越しくださった皆様とのフリーディスカッションとなりました。

  


 ■松村がお話しさせていただいた内容はこちらです。

 ■川合がお話しさせていただいた内容はこちらです。


〔アンケート結果〕

このシンポジウム当日、『誕生死』著者より、今後の誕生死をめぐる活動の参考にさせていただくべく、アンケートを実施しました。
回答をお寄せくださった皆様、どうもありがとうございました。
そして、一部ではありますが、回答として寄せられた皆様の声を、当HP上でご紹介させていただきます。

アンケートでは
・どのような立場の方か
・『誕生死』読者か
・『誕生死』をお読みになった方はその感想を
・今後社会にお求めになることは?
ということを聞かせていただきました。

回答してくださった方は109名(女性107名、男性2名)
うち、
誕生死の体験者は42名、
医療関係者(助産師さん、保健師さんなど)は55名
また、誕生死を体験された方のうち11名は、医療関係の方でもありました。

少し医療関係者が体験者の数を上回っていたものの、体験者と医療関係者が一堂に会しての集いとなりました。

アンケートに答えていただいた方のうち、『誕生死』をお読みになっていた方は62名でした。
医療関係者の半数の方(28名)は『誕生死』をお読みいただいていました。

本『誕生死』の感想として目立ったのは、体験者からは
「共感できた」
「自分だけじゃ
ないとわかって心強かった」
「悲しんでいいということがわかり気持ちが楽になった」

という声です。

死産を経験してパニックになっていました。まさか自分にそんな不幸がおこるとは思ってもいなかったからです。
「どうしてこんなふうになってしまったのか」と毎日思い続け、夢であればと願っていました。
自分の気持ちを代弁してもらったように感じました

(妊娠34週時に死産されたお母さん)

周りに迷惑をかけまいと自分の気持ちをごまかし、元気を 装っていましたが、次第に自分がおかしくなっていくのを感じ、どうしていいかわからない状態のとき、「他の方はどう やってふっきったのか」と思い読み始めましたが、「悲しんでいい」「泣いていい」「亡くなった子を愛し続けていい」 とわかり救われました。
(生後18日でお子さんを亡くされたお母さん)

予想できないわが子の早すぎる死に直面し、「なぜわたしの赤ちゃんが?」という理不尽な状況の中で自分の気持ちを理解してもらえずに孤立している親の姿と、一方では自分でも自分の心情にとまどい、素直に悲しみを表せずにいる姿 が見えます。そのどちらにも、周囲との感情のギャップが関係しているように感じられます。

この孤独感の解消手段としてでしょうか、社会に求めることとして多くの方が
「地域的なサポートシステムがほしい」
「継続的なサポート体制があってほしい」
そしてとにかくまずは
「もっと社会に誕生死のことが認知されてほしい」
という声をあげていらっしゃいました。



医療関係者からは
「これまでの対応を振り返ることができた」
「これからの対応の参考になった」
という声が多く見受けられました。
これまでの医療現場では「どのように対応してよいかわからなかった」か、「あまり問題にされていなかった」ことが多かったようです。

流産や死産を経験した夫婦や母の気持ちがよく分かり、病院で働いていく上で今までとは違う考えで接していきたいという気持ちになりました。

自分の勤務する病院でも思い当たる点があり、反省する点があった。 今後こうしていきたいという思いと、病院のシステム等のギャップに悩みながらもいろいろ考えることができ、それを今後関わる方 に返していけるのではと思う。

実際に医療現場では、患者が入院などで病院にいる時間だけの関わりとなります。
しかし、体験者となった場合、その短い期間も、体験として、あるいはその後の生活へと影響してきます。
患者サイドから声を出していかないと、気持ちやその後のことは伝わらないということを痛感します。

ただ、それだけで簡単に解決する問題ではないでしょう。
さきほど、体験者の中に医療関係者でもある方が11名と報告しましたが、そのうち5名の方が『誕生死』をお読みくださっていましたが、感想を書いてくださったのは2名でした。
また、誕生死読者か否かにかかわらず、「今後社会に求めたいこと」も記入されなかった方が3名となり、これは全体で見ても何も記入されなかった方が17名となっていますので、目立った印象がありました(体験者1名、医療関係者8名、その他が5名無記入)。
双方の立場がわかると、求めるものと求められるもの両方の難しい面が見えるのかもしれません。
そのような立場の方で、「社会に求めること」に

経験者であると共に医療関係者であり、その現場で、誕生死に直面した人に、何と声をかけても気休めにしかならない事はよく分かっているので、医療関係者としてはどの様に声を掛けて良いか分からないというのが 本音である。事実自分で言っていることは気休めの言葉しか言えていない。
(妊娠19週時死産、約7年経過)

と書かれた方がいらっしゃいました。この声にも代表されるように、メンタルな部分に関してはこれという答えがないものでしょう。
ひとことだけ「思いやり」と書かれた方もいらっしゃいましたが、この思いやりの部分が、本当は一番大切なことだと思います。そのあとに、では思いやりとはなんなのか?という難しい問題が待っているのですが。

また、『誕生死』をお読みになったあと、誕生死の現場に出会われたある看護師さんは

本を読んでからの体験でしたので、足型や手型など残せるものは何だろう…と 考えて、できる限りの事はしてみようと考えました。それでも今でも私自身もその時の傷が深く残っています。 お母さんが苦しんでいる間、私も苦しくて辛くて少し病棟へ行きたくないという思いにもなってしましました。
何もできない事は分かっていても、何かしなくては…という焦りからどんどん深みにはまっていきました。
何かの雑誌でスタッフのケアという事が語られていましたが、スタッフのケアも必要だなと思いました。


と、医療関係者の辛さもつぶやかれています。
「気持ちに寄り添う」ということは、その方自身も非常なストレスに巻き込まれてしまうかもしれません。
確かに重い問題ではあるでしょうが、誕生死を体験してしまった親が、さらに心に傷を負うことがないように、医療関係者のみなさんには目をそらさずにいてほしいと願います。

また、わたしたち体験者は、できるかぎり赤ちゃんとの対面にはじまり、「形見を残す」こと、思い出という形でもいいのですが、何かしら赤ちゃんが生きていた証のようなものを残していただけるようお願いしています。またシンポジウム当日、葛飾日赤産院で行われている死産後の処置の紹介を受けて、

亡くなった赤ちゃんの写真、ビデオを撮り、一日を一緒に過ごすことが 病棟では知られておらず強い反発を生みそう。

と率直な意見もいただきました。
親の思いは様々であり、また誕生死に直面したばかりの親は、何をどうしたらいいかなど、冷静な判断はできません。
そんな状態の親の気持ちといっても簡単なものではないのですが、親はその後もそのこと(子の誕生死にまつわるすべてのこと)を、思い返していきます。
写真、ビデオなどといった形式にこだわるのがいいことなのかそうでないのか、本当の意味で答えはないのかもしれません。こういった形式に先走るのはどうかとも思うのですが、「反発」の前に、まずは親の気持ちを知っていただいた上で、誕生死に直面した親に力を貸していただければと思います。


今回のアンケートで、たくさんの意見をいただきました。
すべてをここでお知らせできず残念ですが、その中の一部を抜粋して掲載します。

* * * * * * * * *
*誕生死体験者( )内はお子さんを亡くされた時期

●定期的にこのようなシンポジウムを設けて、気が向いたら参加できるようにしてほしい。今回のように「医療関係者向きであるけれど、一般の経験者も参加できる」形式がいい。経験者のみの集まりだと、今回とはちがってくると思う。
(妊娠40週時、妊娠17週時)

●産む場所、産み方が多様化している中、妊婦さんの体質、体力、環境に応じた産み方をア ドバイスできる人が増えてほしい(バースアドバイザー)。
助産院と病院の連携を対立することなく充実させてほしい。
(妊娠41週時・・・助産院での出産時のトラブルで病院で出産)

●医療者にもっと話を聞いてもらいたい。外来等は忙しいので大変だと思いますが、流産を伝えられたあとや処方のあとに、少し話せる機会があれば、少し気持ちが落ち着いてくると思います。
(妊娠5週時)

●産後、病院にいるときより、社会復帰、実生活の環境に戻るのに時間がかかった。近所に同じような境遇の方がいたらどんなに心強いか、地域に望むのはいろいろなサポートシステムだと思います。
(妊娠39週時)

●誕生死の経験者へのケアの大切さを医療現場の人に知ってもらいたい。
(妊娠23週時)

●無理かもしれませんが、死・流産後の入院は、産科の人とは別にしてほしい。流・死産者への病院のスタッフの接し方を向上させてほしい。
(妊娠38週時)

●その後のカウンセリングをちゃんとしてほしい(死産だからといって、もう関係なくなった!という態度はしてほしくない)。
(妊娠39週時)

●特に最初に接する医療現場の方々には、泣きながら話すことでも(聞きづらくても)できるだけ聞いて欲しいです。
(生後1日)

●各地域に自助グループができるといいですね。
(妊娠37週時)

●心のケアをしてほしかった。自分の気持ちを整理することもできなかったが特に上の子に対してどう話してどう接すればいいのか今も悩んでいる。
(妊娠38週時)

●辛く悲しく、説明のできない気持ちの状態でいるとき、「それでいいんだよ」と言ってもらえる、 丸ごと心に寄り添ってもらえるサポート体制が日本全国の産院で整っている社会になって欲しいです。
(妊娠22週時)


*医療関係者

●誕生死を体験されたご両親が、一人で悩まずに気持ちを言い合える場が必要。特に地方では大家族のため、 責められる場面が多いようです。

●母は3人の誕生死を経験しています。今でも「辛いこと」だとしか言いません。それほど長く一生持って いくことなのでしょう。
社会がその人一人一人のペースにあった時間をかけ、悲しみ、怒りを出しながら、癒されていくことを許す 「器」になっていくことが必要だと思います。

●日本の習慣等あり、またあまり触れないほうがいいのかなと思っていたが、家族で癒されることの深さを 感じた。また生きていても亡くなっても、子どもは子ども、母は母ということを強く感じた。 仕事に役立てます。

●体験者のお話をうかがい、まだわたしの中にははっきりした方向性が見つかりません。注文した誕生死を 読み、助産師として、現場でサポートしていったらいいか、振り返り方向性を見つけたいと思っています。

●助産師教育課程で誕生死についてしっかり学ぶことが必要だと思います。

●臨床の場では、日常的な状態でマヒしているスタッフが多いと思います。わずかながらですが、少しずつ でも変わっていけるようにしていきたいと強く感じました。

●「こうしたい」という希望があれば医療者に伝えてほしい。こちらとしても、こういうことができますと いうことを提示できればよいのですが。病院として取り組むにはまだまだ時間がかかりそうです。

●病院スタッフにそれを考える時間的余裕がほしい。それを十分にできる人的余裕もほしい。そのcare ができるようにどのように環境を整えているかどんどんアピールしてほしい。もしそのような状況となった人がいらっしゃって、 不満があるのならば、ダメでも医療者にぶつけてください。 その声はきっと届くはずです。内側から変えることが難しいこともあります。

*その他の方

●誕生死の問題にかかわらず、脳死の問題、尊厳死の問題、医療者と患者の間に大きな川があると思う。お互いに求めているものの違いからズレが生じて、傷付けあってしまっているように思う。
(マスコミ関係者)

●ネーミングがショックだったが、だれでもかかわる可能性のある悲しみとして今まで「死角」になって いたことを思い知らされた。
(マスコミ関係者)


* * * * * * * * *

今回のシンポジウムは、『誕生死』を出版したことがきっかけとなり実現しましたが、第一回目ということもあり、主催してくださった竹内先生もでしょうが、参加してくださった皆様も、お互いに手探りのような状態だったと思います。
このシンポジウムに、『誕生死』著者も多数参加しましたが、その著者および著者の知り合いで直接シンポジウムの感想を著者宛てにくださった方の感想を参考までに以下紹介します。

想像以上の入場者の数に驚かされつつ、 それだけ多くの体験者や医療関係者に「求められていた」のだと確信しました。意義深いシンポジウムであったことを 一参加者として、本に携わることができた者として、大変 嬉しく思いました。

フリーディスカッションでいろいろな立場の方が語っておられたその 思い、どれもがとてもパワフルで世の中にはこんなにもたくさんの人がいろいろな思いを抱え、その思いを行動に移そうと頑張ってらっし ゃるんだなぁということが分かりました。

体験者として

「写真をバシバシ撮っている」というようなコメントを聞くと、 何もしてあげられなかった私にとっては、やはり、ずしっずしっと心に響きました。
シンポにいらっしゃった医療関係者の方は、 おそらく良い病院、良い医療スタッフだと思います。これから良い病院は もっと良く、悪い病院はそれなりでしかなく、 格差が出てくるのではないかと思います。
私がやはり問題にしたいのは、どうしようもない病院に対してこれから何ができるのだろうか、ということです。

フリーディスカッションが急ぎ足みたいになってしまって、 それが残念だったかな・・・。
スライドの写真はわたしにとって、ものすごく衝撃的でした。あれがマニュアルになってしまってもいけないのでしょうが、 何も残せなかったわたしはある意味羨ましくてたまりませんでした。

正直、今でもあの写真だけはかなり鮮明に記憶していますし、 思い出すと動揺 します。でも、見ることができてよかったです。

今、私は日々の育児に追われ、あの子のことを想う時間が 減っているような気が します。消えはしないけれど、以前のように泣けないことやほかのお母さん達と笑って育児の話をしていることに違和感や 罪悪感を感じています。
でも今日、シンポに出席して再び振りかえる時間を持てたことを嬉しく思います。 嬉しく・・と言うと何か変
かな、安心した・・と言うか。


今後に求めること


今回のシンポは、「誕生死」を世間に知ってもらうという意味では、成功だったと思っています。
ただ、あのシンポを開催する上では、もっと高いところに目標を設定していても良かったのではないか と思うのです。
つまり、ただ知ってもらうだけではなく、今の日本の実情はこうだから医療者側からは今後はもっとこうしていくべきであるとか、体験者側からはもっとこうなって欲しいとか、具体的な話が出来たら 良かったのに、と思うのです。 (ただの「報告」だけでなく、デイスカッションという意味です。)
今まで、「死」とは無縁のように扱われてきた、産科領域で(もちろん、新生児に対 しても同じです)、「死」というタブーにどう挑んでいくか、などというような問題にまで発展させて欲しかったと思うのです。
でも、初めの第一歩としては成功だったと思います。ですので、今後第2回、3回と続いてほしいです。


* * * * * * * * *

誕生死については、誕生死そのものをめぐる医療現場の問題だけでなく、その後の妊娠(不妊)・出産、残された子ども(きょうだい)との関係、家族関係(夫、両親・・・)の問題など、さまざまな問題が内包されています。
これからも悲しい思いをする人のためにも、これらの問題が問題として存在することをまずは知っていただけたらと思います。



(川合藤花 記)


◆◆◆ 戻る ◆◆◆ TOP ◆◆◆