●1月13日付/産経新聞

「生活」欄

 タブー視されていた"赤ちゃんの死"を正面から取り上げ、波紋を呼んだ「誕生死」(流産・ 死産・新生児死で子をなくした親の会著、三省堂)の発行から三年半、本書はその読者カード から生まれた。

 出産前後に赤ちゃんを亡くした悲しみを十三人の父母が実名でつづった物語に、自らの体験を 重ねた人たちが、出版社に寄せた読者カードは三年間で約七百通。その中から実名・直筆で掲載 する了解を得た二百六十二通を並べた。

 一ページに一枚。年齢は十七歳から五十六歳、うち二人は男性。主婦が八割を占めるが、会社員 や公務員、看護師として働きながらわが子の死を受け止めようとする人たちからの便りもある。

 そこには「こんな辛い体験をしたのはわたしだけではないとわかって孤独感から救われた」「長年 の自責感から開放された」など、子供の死への責任感に一人で苦しんできた人たちの癒された 想いがにじむ。

 直筆の力が、読者カードをそのまま本にするという、ある意味で無謀な企画を納得させる。