●5月5日付/信濃毎日新聞

”誕生死/医療現場の対応”

孤立する母親サポート

 死産や出産直後の死に直面した人たちをどう支えるか。医療機関側の取り組みを、総合周産期母子医療センターが ある県立こども病院で聞いた。

 「昔はショックを受けるからと母親の目から隠したこともあったけれど、現実を納得した方が立ち直れるのではないか」 と話すのは産科の赤羽貞子看護師長。同センターがニ000年に発足してから死産のケースはまだ少ないが、母親の話を じっくり聞くほか、どんなに小さな赤ちゃんでも遺体を保存して、赤ちゃんに会ったり、火葬に立ち会うなどの働きかけを しているという。母子が一緒に過ごすこともある。一方で「死産した子どもをないものとしたいという気持ちが周囲にはある。 子どもの存在を認めてもらうよう父親や親族に話すのもスタッフの勤め」と赤羽さんは話す。

 「死産は自分に原因があったのでは」「元気な子を見ると腹が立つ」などのかっとうに苦しみ、心理的なダメージが大きい 場合は、退院後も臨床心理士につなげる場合がある。しかし、心理のスタッフが限られ、対応しきれない部分があることも 実情だ。保健師の井桁しげ子さんは、「死産だと地域で相談する場がなく、母親が孤立してしまうケースが多い」と指摘する。

 今月一月から産科を受診する妊婦全員に保健師が面接している。「(死産に限らず)ここにはサポートする態勢がある」ことを 知らせると同時に、妊娠過程を共有して出産後も話しやすい環境をつくりたい」と井桁さんは話している。

◇ ◇ ◇


”確かにわが子は誕生した”

”「生きていること」の尊さ”

”小さな命は教えてくれる”


 会う日を指折数えて待っていた赤ちゃん。それが不幸にも死産、流産、出産直後の死という結果になってしまったら−。そんな 体験をした十一家族がそれぞれの思いを記した本「誕生死」がこのほど出版された。インターネットを通じて知り合った仲間が、 同じ経験をした人や、医療関係者に伝えたいとまとめたメッセージ。小さな短い命は「生きている」ことの尊さを教えてくれる。 今日は「こどもの日」。


 臨月に入ったばかりの妊娠三十七週目、病院で告げられたのは予期しない「死産」という言葉だった。(中略) 葬儀、退院とあわただしい日が続き、悲しみの中でもがき ながらも人前では明るくふるまった。そんな時周囲がかけてくれる言葉、「頑張って」「早く次の子を」は、心を傷つけるに 過ぎなかった。

 自分の気持ちを話せる人がいない。孤独だった。夫は何もなかったように仕事に復帰し、私がいつまでもメソメソしているのを 快く思っていなかった。私一人取り残されている。   (本文より)

 孤独にさいなまれていた時、「SIDS家族の会」を知り、インターネットで死産を経験した人たちに出会った。「私と同じ 人がいる」。死産体験者の本を探してもみつからなかったことがネットで話題になり、それなら「私たちが作ろう」と もちかけた。本にすることでより多くの人の目に触れてほしい。「一人で苦しんでいる人に、あなただけじゃないんですよ、と 伝えたい」

 不妊治療で授かった赤ちゃんを妊娠七ヶ月で失った山本美帆子さん(三六)。「子をなくした悲しみだけでなく、やりきれない 思いをこの本で伝えたい」。山本さんは病院の無神経な対応に傷ついた。

 「会わせてほしい」と看護婦に頼んだら、脳裏に焼きつくからやめたほうがいいと言われた。自分の子どもの姿を脳裏に焼き付ける のが、どうしていけないのか。私が会わなくて誰が会うのか。わが子は他人の顔しか見ないで天国に行くのか。

 病院関係者にねばった結果、花が埋め尽くされた棺おけに入ったわが子の顔だけは見たが、抱くこともできなかった。小さな命を 軽く扱うような医師の言葉が耐えられなかった。「私たちの訴えを医療関係者が読んで、対応が変わるのであれば、息子の死は無駄では ないと思える」と話す。

 「お産に立ち会った助産婦さんは、赤ちゃんの足がこんなに長くてね、耳はお父さんに似ていたね、とたくさんのことを話してくれた。 それが心の回復を手助けしてくれました」と話すのは、井上恵さん(三一)。妊娠三十三週で、原因不明の胎児水腫のために赤ちゃんを 失った。

 「今日も抱っこしていいですか」とお願いすると、「あたりまえでしょう。だっこできるうちにいっぱい抱いてあげなくちゃ! いつでも遠慮なく言ってね」と言って、忙しい中、助産婦さんは赤ちゃんのガーゼをそのつどきれいなものと取り替えて、私の元に 連れてきてくださった」

入院中にストレスから声が出なくなった井上さんに、助産婦はずっと寄り添った。「信頼できる医師とスタッフに出会って、納得して 赤ちゃんの命を預けられた。こうした病院選びを誰もができるようになってほしい」

 自宅には息子の位はい、骨つぼ、母子手帳を置いて「お兄ちゃんの場所」と妹に話している。「分かるようになったら本を読ませて、 兄の存在を教え、あなたが元気に生まれてきてありがとうと伝えたい」。

 タイトルの「誕生死」には、「あの子を忘れるなんてできない、確かにわが子は誕生した」という思いが詰まっている。

 人口動態統計によると、2000年の死産は県内で五百三十一人、全国で三万八千人余りに上る。

 流産・死産・新生児死で子をなくした親の会著、三省堂刊、1300円。