●1月15日付/信濃毎日新聞

本だな

 流産や死産、出産直後の死などで赤ちゃんを亡くした13人の体験談をつづった「誕生死」(02年4月出版) に寄せられた読者カードを1冊の本にまとめた。周囲に語ることが難しい小さな赤ちゃんを失うという経験に 「誕生死」と名前を付け、実名で公表したことで「泣いていいんだとわかってほっとした」「孤独感から救われた」 といった反響が多数寄せられた。

 本書は、送られてきたカードの中から掲載許可の得られた262通を直筆、原文のまま掲載している。短い命で も、子を亡くした悲しみは変わらない。医療関係者や周囲の人たちに「私たちの悲しみを認めてほしい」という思い が詰まっている。