●週刊女性2月7日号(2006年/主婦と生活社)

〜流産・死産・新生児死でわが子を失った、母たちの孤独な慟哭〜

『誕生死・想』からお二人の方(荒川直子さん・安藤すまこさん)と、『誕生死』の著者・松村の インタビュー記事が3ページにわたり掲載されました。


[やっと出会えた「救い」!押し殺してきた11年分の涙を流しました]

[消えることのない悲しみこそ、わが子が生きた証]

[亡くなったふたりも、元気なふたりも、変わらぬわが子です]



..