●出版ニュース・1月下旬号


●読者カードから生まれた本


 読者カードから一冊の本が生まれた。『誕生死・想−262通のハガキにつづられた誕生死』が それである。

 本書刊行のいきさつが印象的だ。02年4月、流産・死産・新生児死などで子どもを亡くした11 家族13人の親の体験が『誕生死』と題して刊行された。

 タブーが強いテーマゆえ出版に漕ぎつけるまでに3年近く要したが、刊行後はテレビ、新聞、雑誌 などで紹介され、シンポジウムも開かれた。

 また読者からも様々な反響があった。なかでも読者カードは刊行された02年4月から05年10月 までに700痛あまりを数え、そのうち誕生死の体験カードは、17歳から71歳まで450通を超え た。体験を寄せた筆者たちがいちばん感動したのもこれらの読者カードを読んだときであったと。

 本書は、体験者の読者カードのうち262通を掲載。『誕生死』に寄せた13人の親が実名で手記を 載せたのと同様に、262人の読者カードは全員実名。このように262人もの体験者が実名入りで参 加してくれるとは予想外であったという。 

 そうした想いは、読者カードの掲載許諾書に書き添えられた言葉からもうかがえる。

 <「娘の生きた証を残したい、娘の存在を知ってほしい」そんな思いでいっぱいです><多分これか らも、誕生死は誰にでも起こりうることと思います。それを体験された方に、少しでもお役に立てたら と思いました。>

 読者カードは実名・直筆のまま、1ページに1枚ずつ到着順に掲載。住所や電話番号・メールアドレス・ 購入地・購入書店名は消去している。

 編者の「流産・死産・新生児死で子をなくした親の会」は『誕生死』の著者グループで、誕生死の現実を 知ってもらうために、同じ体験者や医療関係者の集まりなどで体験を語ってきている。