●4月5日付/東京新聞(川崎版)

わが子の死の体験つづる
「命の輝きわすれないでほしい」
ネットで知り合った全国の11家族

単行本『誕生死』、近く出版
多摩区の川合さん、悲しみを吐露


 死産や幼い子の死を経験した全国十一家族が実名でつらい思い出を書き記した単行本「誕生死」 が近く出版される。インターネットを通じて知り合ったお母さんたちが”わが子の生きた証”を 具体的な形で残した。川崎市多摩区に住む主婦もその中のひとり。小さな命の輝きを忘れないため に、泣きながらパソコンに向かったという。(松本観史)

 同区中野島一の川合藤花さん(三ニ)は二年半前、二女の遊月(ゆづき)ちゃんを四十週と三日で 亡くした。母子手帳には「子宮内胎児死亡」と記された。脳と心臓に重い障害があった。

 「とにかく、遊月がいたことをみんなに知ってもらいたいんです。それに私自身も一度しか抱っこ できなかった遊月の存在をずっと心に刻みつけたかった」と出版の動機を語る。 

 実家のある福岡県の病院で遊月ちゃんを亡くした川合さんは孤独だった。長女の美風(みふう) ちゃん(六つ)は「お母ちゃん、泣かないで。遊月ちゃんはね、コタル(ホタルのこと)になったの。 人は死んだらコタルになるの」と慰めてくれた。とてもうれしかったが、遊月ちゃんとの思い出がない のが悲しくてたまらなかった。 

 退院後は実家で、川崎に残った夫の俊行さん(三五)に連絡するため持ち帰ったパソコンに向かい、 ひたすら遊月ちゃんの障害のことを調べていた。そんな時ふと「死産」というキーワードを検索。同じ 悲しみを経験した仲間に出会った。

 「私だけじゃないんだということが分かり、孤独感が癒されました」と当時を振り返る。

 昨年五月、川合家に三女の瑞羽(みずは)ちゃんが誕生した。遊月ちゃんと同じ四十週と三日目。「生まれ変わり だとは思わないけれど、遊月が見守ってくれた」と強く感じたという。

 出版社から一足早く送られてきた本は今、遊月ちゃんの小さな仏壇の前に飾られている。