●著者のページ●

古閑 令子(こが・れいこ)

ゆりかごの歌をさおちゃんに唄うよ つぎはしおちゃんに唄うよ






いつも笑顔で・・・

私は出産・死産より既に今年で5年が経ちました。
誰にも言えない孤独の中でもがきながら必死で二人のことを綴ったHPも
今はもうありません。
だけど、あの時、あの場所がなかったなら今の私は存在しないだろうと思っています。
1人じゃない。私だけじゃない。泣いてもいいんだよ。
そう思えた日々、そして自分の気持ちを伝える場所があって
それを受け止めてくれた多くの大切な友人が居たからこそ
今の私の笑顔があるのだと思います。
そして、ようやく、私は心の中の大切な引き出しに、亡くなった詩織のことをしまえた気がします。
それは決して忘れることではなく、いつも心の中に大切に想っていける事です。
そして、改めて元気にいてくれる娘の存在に感謝しています。

「誕生死」の出版により、少しでも日本の社会が、そして医療の現場が変ることを
願って止みません。

「悲しみは伝えていくことで癒されるもの」
これは数年前に私が新聞のコラムで見つけた言葉ですが、
本当にそうだと思います。
自分の中に溜めないで、悲しみをこらえないで下さい。
そしたら、きっといつか笑える日が来ると思います。
そして、お空の天使たちはそんなママの笑顔が一番好きだと
私は思っています。
ゆっくり・・ゆっくりで・・いいから。
前を向いていけますように。











BGM by うっちいの音楽箱