●著者のページ●

山本美帆子(やまもと・みほこ)
『この手に抱けなかった息子、温』
 
 

「誕生死」を読んでくださった皆さん、
本当にありがとうございました。
「読者カード」を送ってくださった方、
改めて御礼、申し上げます。

「赤ちゃんを亡くした人向けの本がない」
という言葉を何度となく聞き、
「ないんだったら、私たちが作ろうよ」という話をしました。
これだけ「ない」「ない」と言っているのだから、
絶対にどこかの出版社が拾ってくれるだろう...。
自費出版の話も出ましたが、それはできれば避けたい、
何の根拠もありませんでしたが、何となく、
出版会社からの出版ができると、そう思いました。
13人、11家族も集まれば、何らかのツテがあるもので、
「三省堂」という大手の出版社にたどり着くことができました。
1人で出版しようとしたら、こうはならなかったと思います。
皆さんの天使たちが、導いてくれたのでしょうか...。
ここでメンバーの1人1人にも「ありがとう」と言いたいです。
本当にありがとう。
 

本を出版するにあたって、最初は、
「赤ちゃんを亡くした人たちへ」という思いでしたが、
今は、もっと幅広い意味で、
「命」の大切さ、重みというものを私たちみんなが
考えなければならないのではないかと思います。
そういった面では、たくさんの方々に読んでいただきたい、
というのが今の私の気持ちです。
 

出版し終えて、ふと、
「いい病院ってどんな病院なんだろう?」と思います。
もし、私が無事に出産したとしたら、
「いい病院だった」と言っていたかもしれません。
では、死産したからいい病院ではないかというと、
言うまでもありませんがそうではありません。
この病院の一番の問題点は、危機管理のなかったことです。
「出産」=「無事に生まれる」ということが前提にあり、
万一のことなど頭になかったように思われます。
患者が思うならともかく、それが病院側であったことは、
非常に問題だったのではないでしょうか。
診察というのは、「見る」ではなく、「診る」のです。
それが感じられませんでした。
例え、10人中、9人が「いい病院」と評価しても
残りの1人がどういった面でいい病院とは思わないのか、
その理由を見極めて欲しい。
それを納得した上で病院選びをして欲しいと、私はそう思います。
 

*************************************

「温(あつし)」の名前は、私たち夫婦が、抱くこともできなかった
「温もり」から取りました。