●著者のページ●

山本光宏(やまもと・みつひろ)
『七ヶ月を生きた君へ』

  
 
温はどこへいったのか

毎年、死産数は4万人近い統計がでています。ネットで死産を検索すると平成12年度は、自然死産1,6200人、人工死産2,2193人、との統計が出て来ました。平成10年度(温の誕生年)も似たような統計だった記憶があります。それぞれに理由があり、それぞれの悲しみがあったはずです。

私は、毎日を会社中心の状況に身を置いて生活しています。日本の現代社会とは、みんなが似たような環境の中にいるのでは、と思うのです。そこでは、正義も、悪も、感情さえも忘れさられたようです。
人間が創ったはずの社会さえ人間にはどうすることもままならず、自然と言う神々のなすがままにみえます。
すべては人間という動物の勝手な思惑のなかで、感情をたぎらせ言葉を尽くしているにすぎないという思いにとらわれます。

一方、人間の感情は、いつも激しく、時にはすべてを無に帰そうと揺さぶり続けます。
個人が宇宙すべてと同じ意味であるように。それこそが人間のあかし、自然と共に育んだ母性という遠い記憶に思えます。

あの日。ステンレスのプレートの上に乗せられた息子を前に、医師の所見を聞き、判ったようにうなずき息子をみていた自分は、ただ自然の摂理の前に、受け入れるしかないように思えていました。
病院側の人間性を欠いた対応や、ばかばかしい程のしろうとさ加減も息子の死産という事実の前ではただあきれるのみでした。
それは、この複雑でおかしな社会の中の皮肉で、本当にばかげたことだと思う。今は、受け入れることに慣らされた社会の自分がそこにいたのを反省しなければなりません。

温は誰の子か、私にとってただ自分の一部。誰かになにを話すこともなく、短かくも至福の時を私達夫婦に与えた、その時唯一無二の子供でした。
私は、絵を描こうと思う。私の体の一部として、できれば私達が死んだ後も誰かがその意味を考えてくれるかもしれない感情で。
心を持つ人達に、心を探し続ける自分のために、温がどこへいったのかわかるように。

最後に、本を読んでいただいた皆さん、製作に奔走していただいた方々に、深く御礼もうしあげます。いつか、どこかで、別の形で再会できれば温ともども幸せと思います。