●8月23日付/読売新聞

誕生死 広がるケア
別れを悲しみ 心の傷を癒す
〜医療現場〜抱っこさせ一緒に写真も

 死産や流産などで赤ちゃんを亡くした親に対して、喪失感を和らげるケアが医療現場で 広がっている。あえて思い出を作ることで、亡くなった子の存在を受け止め、別れを十分 に悲しむことが必要という。体験を集めた本が出版され、インターネット上に掲示板が開設 されて思いを打ち明ける場も作られている。

--------------------------------

 神奈川県立こども医療センター(横浜市)では、死産の際、医師らが赤ちゃんが亡くなった ことを告げた上で、母親にこんな声をかけている。 

 「おめでとう、かわいい赤ちゃんですよ。お会いになりますか」。拒む人もいるが、ためらう 人には積極的に会うように勧め、抱っこしてもらい、写真撮影もする。

 「どんなに短い時間でも、親を体験してもらうことはとても重要。赤ちゃんと共有した思い出 は、後で何倍にもして慈しむことが出来る」と、同病院のソーシャルワーカーの古屋真弓さんは 話す。

 十年前から続いているこのケアに加えて、数年前からは、体験者の家族交流会を年数回催して いる。一昨年からは、死産の赤ちゃんには市販のベビー服では大きすぎるため、小さな服を作って 常備する「天使のブティック」を、体験者の母親たちの協力で設けている。

 東京都葛飾区の葛飾赤十字産院も三年前から、死産や新生児死を体験した家族へのケアを始めた。 赤ちゃんとの写真を撮り、へその緒や髪の毛を残す。

 同産院医師の竹内正人さんは「今までは『嫌なことは忘れてしまおう』と、苦しみにふたをしてきた。 その場で悲しみに向き合わないと、母親は『自分が悪い』と責め続ける。心の傷がなかなか癒えず、 苦しみ続けている人が少なくない」と話す。 

 厚生労働省のまとめでは、死産は年間約三万件。体験者の中には、戸籍に記載されず、思い出がほと んどない赤ちゃんへの思いを、人に聞いてもらいたいという声も高まっている。

 川崎市に住む川合藤花さん(32)は三年前に二女を妊娠四十週で死産した。名前を付け、フェルト で作った「遺影」を仏壇に置いている。「周囲に『早く忘れなさい』と言われるのがつらかった。それ が、思いを語ることで楽になった」と話す。今年四月、同じような経験をした全国の十家族とともに、 体験をつづった「誕生死」(三省堂、1300円)を出版した。

 川合さんらは出版後、インターネット上に掲示板を開設した。四万件ものアクセスがあり、「話を する場が欲しかった」「死んだ子のことなど誰にも言えず、苦しかった」などの書き込みが相次いで いる。