●5月19日付/読売新聞

「誕生死」(流産・死産・新生児死で子をなくした親の会著)

 新しい生命を迎える喜びであふれるはずの出産。だが、 赤ちゃんを失う人は多く、死産は年に約3万件、流産は 3、40万件にのぼるという。出産前後の子供の死を 「誕生死」と名付け、13人の親たちが体験をつづった。

 死産であっても、胎動などで命の誕生を実感していた親に とっては、まぎれもなく「わが子」だった。だが、子供は 戸籍にも記録されず、他人に分かるような「生の証し」は 残らない。親は、喪失感をだれとも分かち合うことができず、 孤独にさいなまれる。

 「一緒に涙を流してくれた医師、看護婦に救われた」と いう体験もあるが、医療機関でのケアは十分ではない。 出産を巡る医療のあり方を考えさせる。